検索

科研費「請負人」ではないけれど。

 当方は科学研究費助成事業(科研費)など競争資金申請書の書き方をアドバイスしているので、「科研費獲得『請負人』なんですね」などと言われたことが、これまで何度かありました。科研費始め競争資金は、取れてナンボの世界ですから、そのように名乗れるとコピーとしては受けて商売上は訴求力が高まるかもしれないのですが、「請負人」のたぐいは名乗っておりませんし、採択をお約束するものでもありません。

 

 とはいえ、単なる「添削」でもありません。当プロジェクトをよりよく知っていただき、あなたにとって真に役に立つものかどうかをご確認いただきたく、noteに4回に分けてまとめました。


(よくある質問)

Q. 採否率を公表しないの? (1) 「予備校」でもない でもやはり朗報は嬉しい

Q. 役に立つのはどんな場合? (2) 効果を期待できるタイプは?

Q. 単なる添削じゃないの? ゴーストライターやってくれるの? (3) コーチで伴走者

Q. 料金に見合った価値は得られるの? (4) 全額保証で臨んでいます(初回のみ)

関連記事

すべて表示

5月9日(月)までの期間限定で、科研費の動画講座の前編をご覧いただけるように、クーポンを設定しました。クーポンコードは「2022」です。こちらからクーポンコードをご入力いただくことで、無料でご視聴いただけます。 今回、無料で提供する「前編」は、科研費というより文章を書く上での基本中の基本の内容です。 内容については、「こんなことは当たり前じゃないか」と感じられる方もいらっしゃるかもしれないことにつ