検索
  • 株式会社ポッセ・ニッポン

9月30日:科学研究費助成事業(科研費)対応の無料トライアル受付を一旦締め切る予定です

科学研究費助成事業(科研費)申請の準備は進んでいますでしょうか。弊社も繁忙期を迎えています。このため、無料トライアルについて9月30日で受け付けを一時的に停止する予定です。無料トライアルは、初回特典として提供しています。ご利用を検討されている方はお早めにお願いします。初回特典やFAQについて、以下にまとめましたのでご参照ください。

繁忙期につき今週末の連休中(〜22日)も日曜を除き稼働しておりますので、無料トライアル対応等も行っており、お待ちいただく時間は平日と変わりません。資料請求は、こちらからどうぞ。


■ 無料トライアルについて(初回特典その1)

初めてのご利用を検討されている方に限り、無料トライアルの機会を提供しております(繁忙期除く)。どのような効果が得られるかをご確認ください。

トライアルの内容は、エディット(めやす:2ページ程度)+ZOOMによるフィードバック(30分)の組み合わせです。ご返送までに、2営業日程度をいただきます。

無料トライアルを申し込む。


■ 全額保証について(初回特典その2)

弊社は、当プロジェクトでは全額保証キャンペーンを行っております。ご満足いただけない場合、お振り込み代金を含めまして返金します。

なぜ返金を受け付けるのか。文章を書くにあたって、わずかな気づきや工夫が文章を適切に伝える上で役に立つことに、気づいていただけることが多いのです。先生の研究の可能性を広げることを、我々が望んでいるからです。


■ 秘密保持について

当然のことながら、プロジェクトを通じて見聞きした内容は、いかなる場合においても秘密厳守いたします。秘密厳守のための誓約書を提出します。無料トライアルの際も、同等に扱います。


資料請求は、こちらからどうぞ。


[FAQ]

□ 採択率はどのくらいか

採用実績については、申し訳ございませんが開示しておりません。競争資金の採択にあたっては、文章の編集成果がどの程度、採択結果に寄与したかを測る術がないためです。

研究者の皆様なら、エビデンスとして評価するためには情報が不足していることは ご理解いただけるかと存じます。ちなみに、採用実績がある科研費は基盤B・Cでございます。

科研費以外で対応した申請では、CRESTやNEDOがございます(いずれも結果待ち)。


□ 実際にどのようなアドバイスを受けられるのかを知りたい。過去の修正例を見られるか。

過去の修正例につきましては、それぞれのご契約者様と秘密保持契約を結んでおりますので、お見せすることができません。ただし、初めてご利用を検討されている方を対象に、無料トライアルの機会を提供しております。2ページをめどに、過去に応募して不採用だった文書などをレビューします。この場合も、内容については秘密保持の対象となります。


無料トライアルの申し込みページはこちら


□ 役に立つのはどんな場合?

文章を改善することでリカバリーできる範囲のことは、可能な限り対応します。

効果を期待できるタイプは? 」(当プロジェクトの「note」記事にリンクします)


□ 単なる添削じゃないの? 自分の代わりに書いてくれるのか?

書くのは、申請者ご自身です。私どもは、そのためのバックアップを全力で行います。

コーチで伴走者 科研費「請負人」ではないけれど。(3/4)」(当プロジェクトの「note」記事にリンクします)


最新記事

すべて表示

無料トライアル(初回特典)を科研費申請振り返りにご活用ください

初回特典としてお使いいただける無料トライアルは、過去に書いた申請書などの冒頭2ページを、無料で添削してお返しするものです。どのような効果が得られるのかを、実際に試していただく機会となっています。 今年の申請書を書き始める際に、過去の不採択だった申請の振り返りの機会にお使いいただくのが良いと思います。 ※科研費応募前には当プロジェクトも繁忙期を迎えるため、混雑状況によっては受付を停止する可能性があり

「伴走者」プロジェクトは、申請1件につき1回のお申し込みで対応します

今年度申請分の科研費について、今年は提出締切が前倒しになったこともあり、準備を始めている方もいらっしゃることと思います。 「伴走者プロジェクト」は、申請1件につきお申し込み1件とカウントしております。このうち、「無制限コース」は、エディターによる修正やフィードバックを何回でもお使いいただけるプランです。期限は最大4か月です。つまり、お申し込みいただいてから締め切りまで4か月間にわたり、何度でもご利

科学研究費助成事業(科研費)(2020年度対応分)ご報告

弊社クライアントの皆様から、昨秋にお預かりした科学研究費助成事業(科研費)申請について、少し時間が経ちましたがご報告します。内容は主に、ご提供した内容と今後の課題について、note記事にまとめました。 もうすぐ訪れる春の、良い知らせを待ちたいと思います。 https://note.com/posse_nippon/n/n9fe64a50cc00