fushimi-inari-shrine-1886975_1920_edited

貴社の逸品が、世界への入り口です

お客様とダイレクトにつながる

コミュニケーション伴走事業

こうした「モヤモヤ」は、解消できます。

「英語サイトを開設したけれど、売り上げにつながりづらい」

「営業チャネルが広がりすぎて、対応に手が回らない」

 

当事業では、「技を究める」皆様に伴走しています。

国内外のお客様とダイレクトにつながるチャンスは広がっている一方、そのための仕事量が増えています。クライアント様が本業のものづくりに専念できる一方、お客様との接点を保ち続けられるマーケティング及び営業のお手伝いを、ご要望や課題を聞き出しながら作り上げていきます。

hands with heart 2.jpg
01

​丁寧な聞き取り

私たちはまず、丁寧な聞き取りから始めます。

海外展開にとどまらず会社の経営方針を含めて丁寧に聞き取り、クライアント様が伝えたいこと・伝えるべきことを日本語で整理します。

お客様の琴線に触れる適切な表現

クライアント様の本来伝えたい情報や意図を引き出した上で、適切な英語表現を適時にお示しするなど、ターゲットの琴線に触れるコピーライティングを含め、伝わる表現を英語で提示いたします。

hand with heart 2.jpg
02
shoe.jpg
03

恒常的に伴走

クライアント様のHP制作チームまたは制作事業者と連携し、webサイトのほかECサイトやマーケットプレイス等への展開にも伴走いたします。
インターネット上での海外顧客との取引のノウハウを会得する形でクライアント様にノウハウが残り、自社で継続的に運営できる状態にすることを目指します。

【具体的なご提案内容】

以下の内容を基本に、クライアント様のニーズに応じて柔軟に対応いたします。

【具体的なご提案内容】

以下の内容を基本に、貴社のニーズに応じて柔軟に対応いたします。

PR文

コピーライティング案
制作支援
(英語/日本語)

copywriting3.png

ホームページ/LP
制作支援・運用支援
(英語/日本語)

homepage7.png

英語プレゼンの研修
または

プレゼンター派遣

presentation.png

英語での顧客対応
および
SNSを通じた情報発信

twitter.png
instagram.png
facebook-circular-logo.png

私たちは翻訳会社ではありません

日本企業のウェブサイトによく見られる傾向として、ターゲットとする顧客が求める情報を探すのが難しいことが挙げられます。理由は、日本語・日本の文化圏特有の「何となく通じる」という感覚が見えない壁になっていることが少なくありません。

「何となく」の文章は日本人が相手なら通じますが、単に外国語に翻訳するだけでは分かりづらさが増します。
この、「何となくわかってもらえるだろう」という壁の存在を意識することができたなら、オンラインかオフラインかに関わらず、海外の顧客との取引を広げる一歩になります。

顧客に自社の意図をきちんと伝え、同時に先方の要望を聞き取っていく足掛かりになるからです。
このことはまた、私たちは翻訳会社と称していない理由でもあります。